会員投稿  「山本多恵子 娘からのメール」

平和と9条と沖縄の基地について、若い人たちにどう伝えるかが課題だね

a0354024_19424328.jpg

沖縄の基地問題は本州にいる若い子から見たら話題になるのは普天間の跡地がUSJかディズニーになるらしい?ということ。実際に私の職場でも基地が云々より「ホントにできるのかね〜?」的な話題だけでした。


政治って日本では趣味のひとつみたいな感じよね。生活と仕事の他に費やす時間は人それぞれ。趣味がありながらも人生に寄り添うように政治を考える人はホントに少なくて「え、ゴメン。そんなにたくさん考えてる余裕ないわ」と。趣味のようにのめり込んで行動してる方にお任せします〜みたいな。

他のことで頭いっぱいな人達に「知ってもらいたい」と歴史や思想を説いたところで

「可哀想に。切ないですね」とは思っても「どうすれば役に立てるんだろう?」と

思って行動に移そうとする人はごくわずか。


これ、きっとすでに母達は認識してますよね。そして、少しずつでもコツコツと知っ

てもらう機会を増やし、地道に少しずつ行動できる人が増えていけばいいよね。まず

は知ってもらう事が大事。

…そうやって地道に活動してきて、さて何十年経ってるでしょう?

9条も安保もまずは知ってもらう事が大事。改正されるとどんな危険が起こる可能性

があるのか。しっかり伝えていかなきゃね。

…そうやって地道に活動してきて、さて何十年経ってるでしょう?


戦争や平和を考える以前に、考えなければいけない生活や仕事の悩みが山積みの日本

人。

戦争や平和を考える以前に、もっと興味をそそられる魅惑的なコンテンツが山盛りの

現代。

戦争や平和を考える以前に、危機感を感じにくい日本に生まれ「なんか最近怖いです

よね〜」とは思っても「ではどうすれば?」まではいかないお国柄。


私の見解なんてもうわかりきってることでしょう。あとはアプローチ方法だけ。

昨年から見え始めてきてるんでしょ?

現代の日本ではありえないほどの大きなデモが出来たことも。政党の垣根を破って、

まず一個だけの阻止を目指すために頑なな孤高の存在を緩めたことも。

あとは「そんなこともあったね〜」なんて思われないくらいの継続的なお祭り騒ぎの

演出かな?


基地や法改正に直接関わる当事者達は真剣だろうけど、圧倒的に多いそれ以外の人達

には「祭り」が必要。

地元の街で太鼓叩いて練り歩いても、何も生まれない。

地元の駅前で必死に署名を訴えても、成果はほんの少し。

全国に会があって個々にボランティアしても成果はそこだけで、ほんの少し。


私達が辺野古へ旅したように、きっとたくさんの人が個々で自腹切って行ってるよ

ね。空港で出会った人達もそうだった。そして地元に帰って報告して更に応援してい

きましょう!と話し合う。

…小さすぎてニュースにもならない。

せっかく全国に会があって自腹切っても行こうと言う人がいるなら、全国レベルで企

画して「祭り」にしてしまえばいい。全国ニュースで取り上げざるを得ないほど派手

なパフォーマンスに仕立てあげればいい。無関心な人が野次馬したくなるようなイベ

ントに仕立てあげればいい。


地味なアプローチはSNSで発信したって地味なままだ。昨年のデモだって良くも悪

くも「ヤバい騒ぎになってる」が原動力だったと思う。

自分の意見は控えたい国民性、でもお祭りと野次馬は大好き!

心と精神性に訴えるなんて重苦しい?ことをしなければ「とりあえず参加しちゃお」

を引き出すのは簡単なはずだ。

ちょっとしたずる賢い?プロデュース能力を期待します。そんな時代ですよ。


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by karuizawa9 | 2016-02-19 20:02 | 会員投稿 | Comments(0)