会員投稿  憲法から考える自衛権の根拠   寺山光廣 記

a0354024_06000806.jpg「だれの子どもも殺させない」と「愛する人を守りたい」という、安保法制反対・賛成双方の「思い」について2度の投稿で考えてきました。今回の安保法制では「集団自衛権」が問題になりましたが、そもそも日本国憲法には「自衛権」という条項も言葉もありません。安倍政権は最近、解釈改憲から明文改憲へと踏み出す発言を繰り返していますが、現憲法下で自衛権はどのように考えられているのか、復習してみたいと思います。これまで長い間9条の会で活動されてきた皆様には、今さら新参者が何を?と思われるかもしれませんが、私自身の確認作業をお許し下さい。


国連憲章との関係はとりあえずおいて、憲法との関係について考えてみます。9条の条文はシンプルなもので、そこからだけでは、武力を持って自衛する権利があると解釈するのは困難です。武力による自衛権を合憲とする考えは、多くが「第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」を根拠にしているようです。もう一つの根拠として、憲法前文から「国民の平和的生存権」が挙げられています。


参考/防衛省「憲法と自衛権」 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/seisaku/kihon02.html


13条の文章には国民の権利を、立法・国政が最大の「尊重を必要とする」と抽象的に書かれているだけで、国民の権利を武力によって守れ、と書いてあるわけではありません。ここも解釈の余地が大きくあるところでしょう。少し長くなりますが、憲法の前文を掲載します。


 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


ここには「平和的生存権」について、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」と書かれています。どうも、政府や防衛省の解釈はつまみ食いとこじつけの感じがします。ちょっと古いのですが、伊藤真さんの「けんぽう手習い塾」の中から、学んでみました。


第56回 「憲法の観点から考える自国の防衛」 http://www.magazine9.jp/article/juku/7157/

第57回 「武力による防衛(1)」 http://www.magazine9.jp/article/juku/7154/

第58回 「武力による防衛2(文民統制について) http://www.magazine9.jp/article/juku/7151/

(最近自衛隊制服組と呼ばれる側が、政権の意向を反影してか、文民統制をはずす危険な動きを強めています)


前回の投稿でも書きましたが、憲法の前文をしっかり読み込んで、理念とその実現のための具体的な努力の方向性を議論することが重要だと考えさせられました。


[PR]
Commented by 桑原倫子 at 2016-03-25 22:22 x
自衛権を考えるにあたっておさえておきたいことがあります。自衛隊の存在自体が違憲、現有の装備が自衛の範囲を超えているから違憲、集団的自衛権は違憲....解釈はいろいろありますが....寺山さんは、どのようにお考えですか?
Commented by karuizawa9 at 2016-03-28 05:51
コメントありがとうございます。ご提起された問題は、いろいろな視座から考える必要があると思います。
大きく「国とは何なのか」と考えると、ヨーロッパや西アジアと違い、日本という国が太古から厳然と存在していたという錯覚が一般にある問題。国、国民、国土、主権と統治などの国の基本的な要件を相対視出来ない歴史風土があると感じます。そのために、国を守るという意識が軍事に偏り、外交・経済交流・文化交流・人的交流などの多面的な国家間交渉と安全保障が拙劣になりがちです。憲法前文の理念をどのように具体化するのかという問題ですね。
理念の具体化を追及していないと同時に、内外の防衛・軍事の実情と変化についても具体的に知ろうとせず、感情的な欲求あるいは忌避からのみ防衛・軍事を判断し、相対視できなくなります。多様な人々がこの会に集い、衆知を集めて理解を深め、行動のコンセンサスを形成出来ればと思います。
Commented by 桑原倫子 at 2016-03-28 23:44 x
丁寧なお答えをありがとうございます。今後に期待します。
Commented by Cialis pills at 2018-04-18 22:57 x

Terrific tips. Thanks.

Cialis generic http://kawanboni.com/
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by karuizawa9 | 2016-03-06 08:17 | 会員投稿 | Comments(4)