会員投稿  「だまされる方も悪い」    岩越陽子

a0354024_07592451.jpg


「だますよりだまされる方がいい」夫がよく言っていた言葉だ。


私もそう思っていた。私たちは、その点では似たもの夫婦だった。


だが、今の私は少し違う。「だまされるのもよくない」と思うようになった。


それは安倍首相のおかげだ。


初めて彼が首相になった時、私は直感的に大きな不安を覚えた。


その後、あんな無責任な辞め方をし、再び政権の座に返り咲いた時からその思いはますます強くなり、今では恐怖心さえ抱いている。かつてここまで酷い政権があっただろうか。このまま行ったら日本は再び破滅の道をたどることになるのではないか、とすら思っている。


安倍政権に対する危惧は数限りないが、私にとって一番許しがたいのは、「憲法無視」の姿勢である。


「国のかたち」である憲法。一人一人の人権を大切にし守るために、国家権力者の暴走を縛っている憲法。とりわけ日本の憲法は、先の大戦の痛切な反省から生まれた世界の範たるものだ。格調高く崇高な内容の前文は、いつ読んでも感動で胸がふるえる。


「・・・・日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。・・・・われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。・・・・」


一国の憲法というより、世界がめざすべき普遍的な道を指し示しているし、混迷する現代社会に於いてますます輝きを増しているではないか。私は他の国の憲法を知らないが、想像するにこんなにも素晴らしい理念を表した憲法が他にあるだろうか、と思う。


「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達することを誓ふ。」と結んでいるが、これは世界に向けた日本国民の「誓い」なのだ。


この憲法を制定した時、国民は世界に向かって高らかに「宣言」した。国家の名誉にかけて。この誓いを具体化したのが「第9条」だと私は思う。だからこそ世界は日本を信頼してくれた。70年もの間平和と繁栄を築いてきたのは「9条」があったからこそ、と日本に対して羨望のまなざしさえ抱いてきたのだ。


それを安倍政権は一気に崩そうとしている。ごまかしと詭弁をくり返しながら。口先だけで耳障りのいい言葉を並べ、いたずらに中国や北朝鮮の脅威をあおりながら、勝手に憲法の解釈を変え、憲法違反の法律まで制定した。挙げ句の果てには、ほかにもたくさんある違反状態を解消するために、憲法の条文まで変えようとしている。もうメチャクチャとしか言いようがない。普通の先進国ではあり得ないことが、今の日本では次々に起きているのだ。それなのに国民はどうして怒らないのだろうか。もちろん、若者や学者、弁護士、ママの会、9条の会等、声を上げ行動している人達もいっぱいいるし、私もそうした動きにはできるだけ参加している。だが、まだまだ圧倒的多数とまではなっていない。それは何故か。いつも思うのだが「だまされている」のではないか。そして、だまされていることすら気づいていないのではないか。多様な意見に耳を貸さずに、ある考えに固執する。あるいは何も考えようとしない。知ろうともしない。


私たち夫婦もずいぶんだまされてきた。だまされてわかったのだ。だまされないようにすることも、また大切なのだと。そのためには、まずは事実を「知る」ことだ。そして自分の頭で「考える」ことしかないのではないかと思っている。そうした努力をせずにだまされたとしても、ある意味しかたがないと思う。だから冒頭に言ったように「だまされる方も悪い。」と、思うようになった。アベさんのおかげです。



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by karuizawa9 | 2016-03-22 08:06 | 会員投稿 | Comments(0)