国会の議論を聞いていると、野党側からの質問に対して安倍首相の答弁がかみ合っていない事にイライラしている人が多いだろうと思われます。かみ合っていないばかりでなく、質問の内容について答弁を拒否したり、時には質問する事自体をも非難することがあります。国民に直接選ばれた議員によって構成される「国権の最高機関」である国会より、「行政の長たる首相」の方が上位にあると錯覚しているように思われます。国会の機能を停止し、内閣に立法権を与える「緊急事態条項」を先取りした振る舞いと言えるでしょう。
a0354024_08470758.jpg
前回の投稿 6月25日の続きを書きます。

「だれの子どもも殺させない」という安保法制反対の思いと、「愛する人を守りたい」という安保法制推進の思いは、意外と近いのではないかと述べました。賛否両極から発せられたメッセージが、近いはずはないと思われる方が多いでしょう。状況の変化次第では、人の思いはこの両極の間を揺れ動くのではないかと感じています。思いだけではなく、両側の論理の展開ではどうなるでしょうか。


安保法制推進側は「殺し殺される戦争」を抑止するために、充分な軍事力が必要だと言います。現実に世界のあちらこちらで戦争が起きている状況の中で、多くの国、多くの国民がそのように考えています。集団的自衛権は国外での戦争を想定するものですので、純粋な抑止力論を超えるものですが、安保法制反対側にも、「新9条」論に見られるような憲法上の自衛力公認を求める人々もいます。ファシズムの軍事的侵攻に対し、レジスタンスやパルチザンは武器を取って抵抗しました。最初に立憲主義をとった国、アメリカ合衆国では、個人や州単位での武装が、抵抗権との関係で論議されているように思います。日本国憲法には抵抗権の規定はありませんので、国民が考え、議論しなければならないでしょう。


「愛する人を守りたい」から武装すると言うのは、軍人・兵隊側の思いです。守られる側から見ると、自分のために「愛する人」は戦って死ぬことになります。この矛盾は過去から続いて来た「男の論理」そのものかもしれません。安保法制反対側に女性が多いのも頷けます。日本国憲法第9条はぶっきらぼうと言えるほど簡単明快に「戦争放棄」を定めています。どうすれば「愛する人を守る」事が出来るのかを語っていません。その具体的な理念と方向性は「憲法前文」にあるのでしょう。前文の4つの段落のうち、3つは「日本国民は」で始まり、1つは「われらは」で始まります。主語は全て「国民」です。最初の2つの段落が「日本国は」「我が国は」で始まる自民党改憲草案前文とでは、立脚点も内容もまるで違います。憲法前文を比較検証し、我々はどのようにして人を守るのか、国際関係のなかでどう振る舞うのかが、9条の議論の具体的な内容になるのではないでしょうか。


一見、反対側に立つと見える人々の思いを認めて、それをどうすれば達成できるのか、良い結果を導けるのかという論理を作って行くことが、かみ合う言葉の関係を築くにいたる道ではないでしょうか。


[PR]
by karuizawa9 | 2016-02-28 08:53 | 会員投稿 | Comments(0)

a0354024_15574353.jpg

[PR]
by karuizawa9 | 2016-02-26 15:59 | お知らせ | Comments(0)

a0354024_20351685.jpg
 野党5党による合意が実現しましたね。これからは野党の統一候補を夏の参議院選で国会に送るために全力をあげるために打って出ましょう。

 海外で戦争をしない、させない、自公、おおさか維新での改憲を許さない、憲法9条を守るために。2000万人署名多いに取り組みましょう。

 沖縄普天間基地建設ストップ、東日本大震災、福島原発事故からまもなく5年ですが映像で見る限り復興が進んでいません。原発再開を許さない、生活に直結する消費税増税ストップなど多いに声を上げましょう。引き続き「アベ政治を許さない(3日)」「19日を忘れない」行動を毎月行っています。

 写真は、昨年10月、真田三大ウォーク途中で撮影した9条の看板です。(上田市真田にて)
軽井沢でもどこか目立つ所に取り付けたいですね。

[PR]
by karuizawa9 | 2016-02-25 20:13 | 会員投稿 | Comments(0)

日に日に陽射しが強くなって、雪の下からさまざまな苔の新鮮な緑が現われています。

a0354024_07474490.jpg2月19日、このブログに「・・・娘からのメール」(会員投稿)がありました。

http://karuizawa9.exblog.jp/22492158/

若い方がご自分の言葉で綴られた率直なご指摘には、私たちが考えなければならないいくつかの課題が含まれていて、とても参考になります。ありがとうございます。


地元での地道な活動、地味なアプローチでは、「祭り」の爆発的なエネルギーを持ち得ないで来た事は、ご指摘のとおりです。集まればいつも同じ顔ぶれでうなづき合っています。表に出ても暗いジジババスタイルでぞろぞろ。「とりあえず参加しちゃお」という誘引力が感じられない事は確かです。もう半世紀近く前になりますが、20歳の頃の私も上の世代、とくに「左翼」と言われる人達に対して同じように感じていました。若い世代で集まって「祭り」を創り出し、それなりの盛り上がりを経験しました。そして厳しい「祭りの後」をも、それは一人一人が日常の暮らしの中で引き受けなければなりませんでした。30歳で都会を離れ、軽井沢に住んで38年になります。


「祭り」のすばらしさは「思い」をストレートに表現できることですね。一つの「思い」が伝わるというだけではなく、それぞれが自分の「思い」を表現してもいいんだと感じる「空間」に飛び込める事。そこから爆発的なエネルギーが生まれるのでしょう。「だれの子どもも殺させない」という「思い」のほとばしりに、年齢を超えた多くの人が胸を熱くしたと思います。


この半年、仕事に追われる中でなんとか多くの人と直接話をしようと努めてきました。特に、政治に無関心な人、安保法制が必要だと考える人とも話すようにしてきました。安倍首相の政治姿勢を象徴する「日本会議の武道館一万人大会」が昨秋ありました。そこに出席した帰りの高揚した気持ちそのままの人と、じっくり話した時に強く感じたことがあります。日本を取り巻く国際関係や国内の状況を様々な視点から考えて、国の安全を軍事力強化に頼る事の無謀さを説き、その人を論破する事はできます。しかし、論破されても彼はけっして納得してはいません。彼には「愛する人を守りたい」という強固な「思い」が残っています。軍事力では守れないという論理と、攻めてこられたら戦って守るという思いがぶつかるばかりです。


「だれの子どもも殺させない」と「愛する人を守りたい」という二つの思いは、意外に近いものではないでしょうか。一人の人にとっても、平和で安定した世の中であれば前者が強く、殺伐とした不安定な世の中になれば後者に傾くかもしれません。あるいは、1発の銃声、流された一人の血によって、多くの人々の思いは一気に後者に流れて行くかもしれません。歴史を学ぶと、「思い」の不安定さ、とりわけ同調してゆく思いのうねりの怖さを知ります。


私が子供の頃、母か祖母だったか忘れましたが、曾祖父がいつもだいじにしていた言葉を教わりました。

「学而不思則罔、思而不学則殆」 学びて思わざれば則ち罔し(くらし)、思いて学ばざれば則ち殆し(あやうし) 

だんだんと年寄り臭い話になってしまいましたが、事実年寄りですので勘弁して下さい。いろんな人と話す中でも、過去の社会の意識変化を歴史の中でたどっていても、思いだけではあやういなということを強く感じます。地味~な学習や地道~な話し合いと、「思い」の明るく楽しい表出との間を行き来する回路を、軽井沢9条の会で作りたいですね。


[PR]
by karuizawa9 | 2016-02-25 17:24 | 会員投稿 | Comments(0)


a0354024_18132587.jpg



[PR]
by karuizawa9 | 2016-02-24 22:04 | 報告 | Comments(2)

平和と9条と沖縄の基地について、若い人たちにどう伝えるかが課題だね

a0354024_19424328.jpg

沖縄の基地問題は本州にいる若い子から見たら話題になるのは普天間の跡地がUSJかディズニーになるらしい?ということ。実際に私の職場でも基地が云々より「ホントにできるのかね〜?」的な話題だけでした。


政治って日本では趣味のひとつみたいな感じよね。生活と仕事の他に費やす時間は人それぞれ。趣味がありながらも人生に寄り添うように政治を考える人はホントに少なくて「え、ゴメン。そんなにたくさん考えてる余裕ないわ」と。趣味のようにのめり込んで行動してる方にお任せします〜みたいな。

他のことで頭いっぱいな人達に「知ってもらいたい」と歴史や思想を説いたところで

「可哀想に。切ないですね」とは思っても「どうすれば役に立てるんだろう?」と

思って行動に移そうとする人はごくわずか。


これ、きっとすでに母達は認識してますよね。そして、少しずつでもコツコツと知っ

てもらう機会を増やし、地道に少しずつ行動できる人が増えていけばいいよね。まず

は知ってもらう事が大事。

…そうやって地道に活動してきて、さて何十年経ってるでしょう?

9条も安保もまずは知ってもらう事が大事。改正されるとどんな危険が起こる可能性

があるのか。しっかり伝えていかなきゃね。

…そうやって地道に活動してきて、さて何十年経ってるでしょう?


戦争や平和を考える以前に、考えなければいけない生活や仕事の悩みが山積みの日本

人。

戦争や平和を考える以前に、もっと興味をそそられる魅惑的なコンテンツが山盛りの

現代。

戦争や平和を考える以前に、危機感を感じにくい日本に生まれ「なんか最近怖いです

よね〜」とは思っても「ではどうすれば?」まではいかないお国柄。


私の見解なんてもうわかりきってることでしょう。あとはアプローチ方法だけ。

昨年から見え始めてきてるんでしょ?

現代の日本ではありえないほどの大きなデモが出来たことも。政党の垣根を破って、

まず一個だけの阻止を目指すために頑なな孤高の存在を緩めたことも。

あとは「そんなこともあったね〜」なんて思われないくらいの継続的なお祭り騒ぎの

演出かな?


基地や法改正に直接関わる当事者達は真剣だろうけど、圧倒的に多いそれ以外の人達

には「祭り」が必要。

地元の街で太鼓叩いて練り歩いても、何も生まれない。

地元の駅前で必死に署名を訴えても、成果はほんの少し。

全国に会があって個々にボランティアしても成果はそこだけで、ほんの少し。


私達が辺野古へ旅したように、きっとたくさんの人が個々で自腹切って行ってるよ

ね。空港で出会った人達もそうだった。そして地元に帰って報告して更に応援してい

きましょう!と話し合う。

…小さすぎてニュースにもならない。

せっかく全国に会があって自腹切っても行こうと言う人がいるなら、全国レベルで企

画して「祭り」にしてしまえばいい。全国ニュースで取り上げざるを得ないほど派手

なパフォーマンスに仕立てあげればいい。無関心な人が野次馬したくなるようなイベ

ントに仕立てあげればいい。


地味なアプローチはSNSで発信したって地味なままだ。昨年のデモだって良くも悪

くも「ヤバい騒ぎになってる」が原動力だったと思う。

自分の意見は控えたい国民性、でもお祭りと野次馬は大好き!

心と精神性に訴えるなんて重苦しい?ことをしなければ「とりあえず参加しちゃお」

を引き出すのは簡単なはずだ。

ちょっとしたずる賢い?プロデュース能力を期待します。そんな時代ですよ。


[PR]
by karuizawa9 | 2016-02-19 20:02 | 会員投稿 | Comments(0)

a0354024_13044602.jpg
憲法学者 樋口陽一さんが、IWJ 岩上安身氏の問いかけに応える、2時間近いロングインタビューの動画が、現在無料公開されています。下記のURLをクリックしてください。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/287549

緊急事態条項の問題点とともに、「個人」と国家・社会・家の関係に焦点をあてて、自民党改憲草案の狙いを鋭く読み解いています。

[PR]
by karuizawa9 | 2016-02-19 12:54 | 会員投稿 | Comments(360)

a0354024_08280919.jpg「九条の会 オフィシャルサイト」 http://www.9-jo.jp で、九条の会メールマガジン「憲法9条、未来をひらく」を読むことが出来ます。
(下線部をクリックすると当該サイトに移動します)

そのメルマガ227号 http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS160210.htm に、参議院議員会館で行われた緊急記者会見におけるアピールが掲載されています。上記URLから読むことが出来ます。

記者会見の動画はIWJで、ハイライト部分は会員意外でも無料で見られます。  http://iwj.co.jp/wj/open/archives/286493
完全版は会員(年間1万円)限定ですが、そこには、東京での官邸や国会前での運動だけではなく、各地の運動に感銘・触発されていると、澤地久枝さんの言葉が熱く語られています。

[PR]
by karuizawa9 | 2016-02-11 07:53 | 会員投稿 | Comments(0)

a0354024_20374515.jpg



[PR]
by karuizawa9 | 2016-02-10 05:08 | 報告 | Comments(0)

ホームページリニューアルおめでとうございます。「安保法案反対軽井沢アクション」に参加させてもらっている「信濃追分9条の会」の山室です。先輩にあたる軽井沢9条の会の皆さんの奮闘に敬意を表します。

稲垣代表の挨拶にあるように、安倍首相は自衛隊違憲の憲法学者の意見を逆手に取るという卑劣極まりない論法で改憲の意思をあからさまにしました。

 世界が争いに満ちている今こそ、私たち日本人の誇りである9条の理念の非軍事、国連中心の平和外交に邁進する政治が求められています。

 理念なき誇大妄想的現政権の行く末は、70年前に戻る道ではないでしょうか。なんとしても安倍政権を倒さなければなりません。私たち「信濃追分9条の会」も私たちなりの活動をしていきますが「軽井沢アクション」の行動は、私たちの考え方を広げるために大事な行動だと思いますので個人として協力、参加するつもりですのでよろしくお願いします。   

  山室深志


[PR]
by karuizawa9 | 2016-02-09 21:10 | その他 | Comments(1)